オスマン帝国は小君候国だったのに強大だったビザンツ帝国をムラト1世の

2016-02-17 07:52
 

オスマン帝国は小君候国だったのに強大だったビザンツ帝国をムラト1世の時に滅ぼしましたが、ビザンツ帝国を滅ぼせた理由は何だと思いますか。

オスマン帝国の成立って最初の小さい都市国家だったローマ帝国が領土を広げたのと共通点がありますね。

回答を入力する

でログインし新規取得

ナイス!
akanesan910 ceastdu leaveandcome
No.1
2016-02-18

ビザンツ帝国を滅ぼしたのはムラト1世ではなく、メフメト2世の時代ですね。

No.2
2016-02-18

強大だったビザンツというのは違います。

小さな集団だったオスマン君侯国のそばに、領土は広いが内部分裂して軍隊が崩壊状態に弱体化していた時代のビザンツ帝国が存在したため、苦労せずにその領土を得ることができ強大化して他の君侯国を併合することが出来たのです。

たまたまビザンツ帝国の衰退期にオスマン帝国が勃興したのであって、その頃はトルコ勢も軒並み分裂していた衰退の時代でした。もしオスマン帝国が登場しなければ、ビザンツ帝国もまた成長期を迎えていた可能性もあります。

このカテゴリの人気Q&A