役員の兼任について - ①独占禁止法13条「一定の取引分野における競争を実質

2016-03-21 20:58
 

役員の兼任について

①独占禁止法13条「一定の取引分野における競争を実質的に制限することとなる場合には、その役員の地位を兼ねてはならない」とありますが、役員を兼任することで、競争を実質的に制限するとは具体的にはどのような場合をいうのでしょうか?また、親子会社(子会社は100%子会社)の役員兼任の場合でも、競争を実質的に制限する場合は考えられますか?②役員を兼任する場合、特に取締役の場合、競争関係に立つ会社の取締役になることは、取締役の競業避止義務に違反する可能性があるとのことですが、親子会社(子会社は100%子会社)の取締役兼任の場合でも、競業避止義務違反になる可能性はありますか?

回答を入力する

でログインし新規取得

ナイス!
junsakai0923
No.1
2016-03-22

貴社の製品が 同一市場の占有率が65%以上で 価格カルテルを結ぶ場合
業界関係者が告発する場合があります。

同じ業界において 貴社のシェア率が低い場合適応されることは少ないと
考えます。

このカテゴリの人気Q&A