AIIBの台頭により今後、元が世界の通貨の中心となる日はくるでしょうか?円

2016-06-15 14:04
 

AIIBの台頭により今後、元が世界の通貨の中心となる日はくるでしょうか?円をドルに交換していた場合、ドルに価値が無くなることを予想するのはおかしいでしょうか?

回答を入力する

でログインし新規取得

ナイス!
kmgiknn
No.1
2016-06-16

リクエストありがとうございます。

個人的な考えですがどこの国でも経済が成長するか否かは中流階層が裕福になるか没落するかにかかっていると思います。高度経済成長期の日本は中流階層が大量生産と大量消費をすることに加えて家電や家や車など生活水準を向上させる製品を自国で生み出してかつ国際競争力もあったからです。そして個人消費が高くGDPの6割を占めています。
日本の今の政策で経済が栄えるはずがないと思っているのは以下の理由です。税制にしろ雇用にしろ法制度で中流階層を没落させる方向に向かえば個人消費も伸びるわけがないからです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013416554...


中国ですが急速に経済成長して「世界の工場」と言われるようになったのは安くで豊富な労働力で日本を含めた先進国の企業が生産拠点を移したからです。結果経済成長が続き1990年~2015年までの間に賃金が4倍になった地域も珍しくないそうです(それでも物価水準や賃金は日本の方が約10倍あります)。日本の企業にしてみれば中国の平均賃金より少し割高の支払いをしても日本で作るよりはずっと割安です。有名な某歴史シュミレーションゲーム制作会社(慶応大学日吉校舎のすぐ近くにあるあの企業です)がWWⅡを題材にしたゲーム政策の一部を中国の企業に投げたことがありましたが、日本軍が中国軍を叩きのめすゲームであっても中国企業は受けていたわけです。

ただこの流れがまだ続くかと言うと懐疑的です。
・世界の先進国が生産拠点を移してきたための経済成長であり、個人消費がGDPの3割5分しかありません。最近はベトナムや比較的人口が多いインドネシアなど中国よりも格安の人件費の国も注目を浴びているため(逆に言うと円安で電力料金が高騰する日本に回帰するなどほぼないと言うことですが)、もし中流階層の消費が伸びないまま他国の企業が流出すれば経済は急転直下の可能性があります。

・リーマンショック後の中国は金融緩和と財政出動がすさまじいものがあります。
財政出動と銀行からの融資貸出しの総額は当時のGDPの3割になったと言われています。毎年繰り返して積もり積もった固定資産投資額は日本円で総額2500兆円規模になるそうです。結果公共事業が人手不足と資材不足を招きコストが向上します。しかしこの経済の中で動いているのはほんの一部の富裕層です。中国は人口の1%が富の60%を握っていると言われており、中流階層はこのマネーゲームに参画できません。要するにマンションやビルができても「実需」があるわけではないのです。需要を無視した買い付けや過剰設備や過剰生産となり、ゴーストタウンが出現し使われない道路や港湾が激増。過剰生産からくる在庫の増加は倉庫に入りきれず野晒しにされているケースもあるそうです。

中国にとって最悪のシナリオは、実需なきバブル崩壊と企業の流出が同時に襲ってくることです。この場合は中国が中心どころか中国発世界恐慌もあり得ると思います(真っ先に煽りを食うのは石炭などの資源輸出で中国をお得意様にしているオーストラリアと南米です)。

中国では中流階層が約8000万人いると言われていますが、元が世界の通貨の中心となるためにはこの中流階層が実需でお金を動かせるようになり保護して個人消費がGDPに占める割合を日本の6割とまでは行かなくても現状の3割5分からそれなりの数値に引き上げないといけないと思います。今がその分岐点のような気がしますが、政治腐敗により一部の人間が富むだけで中流階層を置き去りにするどころかインフレで没落させるようなことをすれば逆に危ないでしょう。

ナイス!1
No.2
2016-06-17

このレベルの質問にも丁寧に、また私如きにも分かるように教えて頂きましてありがとうございます。何と広い知識を修めておいでなのでしょうか。人々から尊敬を受けるに相応しい方です。本当に力ある方は、どんな質問であれ決して質問した相手を侮辱されないものです。今後の世の中に対して正しく警鐘を鳴らしておいでのtsurugashiwa2001様にはいつもそう感じております。ご回答誠にありがとうございました。

このカテゴリの人気Q&A