スペイン語、ポルトガル語、イタリア語など南欧の言語には日本語に似て開音

2016-09-12 11:55
 

スペイン語、ポルトガル語、イタリア語など南欧の言語には日本語に似て開音節(母音で終わる音節をこう呼ぶ)が多いですが、なぜこれらの語は英語と同じく印欧語族に属するのに英語とは違って開音節が多いのですか。

(だからスペイン語、イタリア語にはスニガ、トリノ、ナポリ、ミラノなど日本語(それも外来語ではなく和語)と紛らわしい語がとても多い。)

回答を入力する

でログインし新規取得

ナイス!
yumiyama39 muraki1025 357318ncyiks
No.1
2016-09-13

何故と訊かれても、それがネオ・ロマンス語族だからとしか理由がないと思いますが。 どうしてりんごは丸くてバナナは長いの?と訊かれたのと同じで。

イタリアでも特に北部の方言では子音で終わることが当たり前のような名詞での方言で話していますので人種や食物などの影響はないのでは。

ナイス!1

このカテゴリの人気Q&A