論語の「 嗟乎、由死矣 」の現代語訳(口語訳)について教えて

2016-11-17 13:07
 

論語の「 嗟乎、由死矣 」の現代語訳(口語訳)について教えてください。現代語訳と、できれば書き下し文も知りたいです、載っているサイトなどでも構いません。本文は、 衛霊公有寵姫、日南子。

からはじまるやつです。よろしくお願いします(;´д`)

回答を入力する

でログインし新規取得

ナイス!
mulaoka tomao51 faogabog ariro051 c7dea8c3dck nosonosonoso sekimenlabo okidokiranch abcdef12345678
No.1
2016-11-18

この文章は《仲尼弟子列傳》の文章だと思います。
<前半部>
初,衛靈公有寵姬曰南子。靈公太子蕢聵得過南子,懼誅出奔。及靈公卒而夫人欲立公子郢。郢不肯,曰:「亡人太子之子輒在。」於是衛立輒為君,是為出公。出公立十二年,其父蕢聵居外,不得入。子路為衛大夫孔悝之邑宰。蕢聵乃與孔悝作亂,謀入孔悝家,遂與其徒襲攻出公。出公奔魯,而蕢聵入立,是為莊公。

前半は、こちらのサイトの真ん中に、書き下し、口語訳があります。
初め衛の霊公、寵姫(ちょうき)有り南子(なんし)と曰(い)ふ。~
http://ameblo.jp/miyatake-yagikensetsu/entry-11832858017.html

<後半部>
方孔悝作亂,子路在外。聞之而馳往。遇子羔出衛城門。謂子路曰:「出公去矣,而門已閉,子可還矣。毋空受其禍。」子路曰:「食其食者不避其難。」子羔卒去。有使者入城,城門開,子路隨而入。造蕢聵。蕢聵與孔悝登臺。子路曰:「君焉用孔悝?請得而殺之。」蕢聵弗聽。於是子路欲燔臺,蕢聵懼,乃下石乞、壺黶攻子路,擊斷子路之纓。子路曰:「君子死而冠不免。」遂結纓而死。孔子聞衛亂,曰:「嗟乎,由死矣!」已而果死。

孔悝、亂を作すに方(あた)り,子路外に在り。之を聞きて馳せ往く。子羔の衛の城門を出づるに遇ふ。子路に謂ひて曰く「出公去りて,門已に閉づ。子還るべし。空しく其の禍を受くる毋かれ」と。子路曰く「其の食を食む者は其の難を避けず」と。子羔卒に去る。使者有りて城に入りて,城門開く。子路隨ひて入る。蕢聵に造る。蕢聵、孔悝と與に臺に登る。子路曰く「君焉んぞ孔悝を用いん?請ふ得て之を殺さん」と。蕢聵聽かず。是に於いて、子路臺を燔かんと欲す。蕢聵懼れ,乃ち石乞、壺黶を下して子路を攻む。擊ちて子路の纓を斷つ。子路曰く「君子は死すとも冠を免がず。」遂に纓を結びて死す。孔子衛の亂を聞きて,曰く「嗟乎,由死せん!」已にして果たして死す。

孔悝が謀反を起こした時,子路は国の外にいた。これを聞いて馳け戻った。子羔が衛の城門を出るのに出会い,かれは子路に言った「出公は国を去り,門は既に閉じています。あなたは戻るのが良い。無駄に禍いを受けてはなりません。」子路は答えた「家禄を受ける者は、その災難を避けることはありません。」そこで子羔は去った。城に入る使者があり,城門が開いた。子路は使者に隨って入った。蕢聵,の元に到り、蕢聵と孔悝は共に臺に登っていた。子路は言った「どうして君は孔悝を用いることがありましょうか?どうか捕らえて殺させてください。」蕢聵は聽きいれなかった。そこで子路は臺を焼こうとした。蕢聵は恐れて,石乞と壺黶を台から下して子路を攻撃させた。擊つと子路の冠の纓が切れた。子路は言った「君子というのは死ぬときも冠を脱がない。」こして冠の纓を結んで死んだ。孔子は衛の亂を聞いて,言った「ああ,由は死んでしまうだろう!」はたして、已に子路は死んでいた。

このカテゴリの人気Q&A