高校化学の化学式について。 - 化学式の特に分子式と組成式についてなんで

2017-03-28 18:42
 

高校化学の化学式について。

化学式の特に分子式と組成式についてなんですがこの2種類の化学式の違いが分かりづらい人が多くてどう見分けたらいいのか?って質問が多いと思います。 自分もそんな人の1人なのですが、他の方の質問を見てもなかなか理解しづらく自分でも質問させてもらってます。自分の場合は分子式と組成式の違いというよりは、実際に問題で複数の物質の化学式があって「組成式のもの、分子式のものをそれぞれ答えよ」みたいな問題を解く時にどう考えればいいか教えて欲しいです。その物質が何結合でできた物質なのか分からないと判断できませんか?またH2Oは、水は分子で構成されているから分子式って分かりますが、組成式の説明で「物質を成分元素とその原子数比を表した化学式」ってあったのでH2Oは分子式でもあるが組成式でもあるってことにもなるんでしょうか??

回答を入力する

でログインし新規取得

ナイス!
mkilop
No.1
2017-03-29

式を見ただけでは、分子式か、組成式かは判断できませんよ。

No.2
2017-03-30

>その物質が何結合でできた物質なのか分からないと判断できませんか?

基本的にはそうですね。ただ、例外もあります。
例えば、五酸化二リンです。これは、共有結合性の化合物で、P2O5という組成式で表されますが、分子式はP4O10です。
なので、「何結合でできた物質なのか」+「その物質の物性や分子の形状」を知る必要があります。
しかし、これはあくまで例外的な扱いなので、高校レベルではそこまで気にしなくてもいいと思います。


>H2Oは分子式でもあるが組成式でもあるってことにもなるんでしょうか??

そうですね。その認識であってます。メタンやアンモニアなども、この仲間ですね。

No.3
2017-03-31

酢酸を例に挙げて説明していきます。
・酢酸の化学式:C2H4O2
・酢酸の分子式:CH3COOH
・酢酸の組成式:CH2O
のようになります。
化学式は、含まれる元素とその数を羅列しただけです。
分子式は、酢酸の構造に従って書かれています。
組成式は、含まれる元素とその比を羅列しただけです。
よって、
分子式の元素をまとめると化学式になり、
化学式の数字を約分すると組成式になります。
このように、有機物では化学式、分子式、組成式が異なります。

一方、NaClやH2Oなどの無機物では一つの分子につきまり多くの
原子が入らないため、化学式・分子式・組成式は同じになることが
多いです・

このカテゴリの人気Q&A