アメリカ60%・日本40%で中国を分割する話を、1920年代半ばから

2015-12-19 01:06
 

アメリカ60%・日本40%で中国を分割する話を、1920年代半ばからアメリカと相談していれば、太平洋戦争も原爆投下もなく、満州から朝鮮半島は未だに日本のものだったのでしょうか?

回答を入力する

でログインし新規取得

ナイス!
oishihide katylovemovie okwave_tokusima chiba_chiba893
No.1
2015-12-19

その次は日本をアメリカに食われますけどね
敗戦が数十年遅れるだけでしょう

No.2
2015-12-20

話は義和団事変あたりまで遡りますが

中国という欧米からすれば地の果てみたいな土地に長期間占領軍を展開するのは当時の国力からして無理です
ましてアメリカは民主主義国家、戦争で儲かるのは金持ち、地を流すのは徴兵された庶民という立場なのでよほどの動機がないと占領するのは困難です

アメリカからすれば本音ではアジアなんて撤退したいくらいです、だいたいアメリカのアジア権益なんてすごく小さい
貿易で見ると日本の7分の1位です

No.3
2015-12-21

当時、欧米には1%もアジアを取らせないという考えが主流だったので相談は難しいでしょうね。

日本側は大東亜戦争と言っています。欧米列強にことごとく植民地にされていくアジアを救う大義がありました。

もちろん怪しい活動もありましたが、それは揚げ足取りのような議論であり、大筋でアジアを救う気持ちがあったのは間違いありません。

現に、日本の統治・影響を受けた国は中韓を含め、ことごとく発展しています。欧米の植民地で中韓ほど発展した所はありますでしょうか?

No.4
2015-12-21

黄色人種出しゃべれば、気に入らないね。

No.5
2015-12-22

そうかも知れませんね。ありがとうございました。

No.6
2015-12-23

イギリスとドイツが黙ってないよね

このカテゴリの人気Q&A