眼圧を下げる点眼薬「キサラタン」を使用して15年が経過しました。3

2015-12-31 02:24
 

眼圧を下げる点眼薬「キサラタン」を使用して15年が経過しました。31歳の時、人間ドッグで生まれて初めて眼圧測定を行った際、眼圧が28あり、緑内障予備軍(高眼圧症)と診断されました。

その際、医師からは「緑内障は眼圧を下げることでしか予防できないので、眼圧を下げる点眼薬を使用し続けるしかない」と言われ、それ以来点眼薬「キサラタン」を使用してきました(ちなみに「点眼薬の効果は24時間程度なので、このまま一生使用し続けるしかない」みたいなことも言われました)。点眼薬を使用した時は、眼圧は15まで下がります(半年ごとに視野検査をしていますが異常なしです)。先日、点眼薬が切れて約1週間経過してから眼科に行き、眼圧を測定した際、眼圧は15のままでした。そして医師からこんな提案がありました。「点眼薬を1週間使用しないで、眼圧が低いままなら、本当の眼圧も下がっているかもしれない。今度は眼圧を使用しない期間を1ヶ月まで延長し、本当に眼圧が下がっているか確認してみましょう(もし眼圧が低ければ、点眼薬の使用を中止してもよいようなニュアンスの提案)」。すごく嬉しい提案でした。先生に、「点眼薬を使用し続けることで、高眼圧が完治することもあるのですか?」と聞いたところ、「理論的にはあまり考えられない」とのことでした。前置きが長くなりましたが、私のように眼圧を下げる点眼薬を長期間使用し、高眼圧が完治された方はいますか? その際、その後の眼圧の経過はいかがでしょうか?わずらわしい点眼薬から開放される日が待ち遠しいです。

回答を入力する

でログインし新規取得

ナイス!
09042875420 ayalbh YasKitamura
No.1
2015-12-31

具体的な回答をいただきありがとうございました。
先生とも相談しながら、経過を見届けたいと思います。

No.2
2016-01-01

私も、キサラタンを長年使用し、2年ほど前から、トラバタンズという眼圧を下げる薬に変え、今も使っています。
変えたのは、大きなわけがあったわけでなく、医師の判断で「同じような成分なので、一度変えてみましょうか」くらいの理由です。

日や疲労度により前後しますが、眼圧18~20くらいを行ったりきたり。

うちの医師の話では、、もし仮に、薬を使わなくても眼圧が安定したとしても
日本人には、正常眼圧内でも緑内障を発症するケ-スがかなり多いと。
なので、点眼は続けたほうがいいといわれました。

個人差があるので、同じかどうかわかりませんが、、眼圧より、視野検査で様子をみながら、めんどうくさいですが、点眼は続けたほうがよさそうです。

ただ、、、私も、よく点眼し忘れますが、忘れたから、すぐ、どうこうなるというものではないそうです。
忘れても、神経質にならず、気長く点眼していくつもりです。

このカテゴリの人気Q&A